愛犬の涙やけ!5つの原因とその対策について。

 

トイプードルやフレンチブルドッグ、チワワなど、小型犬の飼い主さんが頭を悩ますもののひとつとして涙やけがありますよね!?

 

毛色の薄い子の場合、目立つこともあって、涙やけのまったくないキレイな顔の子と偶然会ったりすると、まるで自分が愛犬の手入れをあまりしていないような気持になりませんか!?

 

 

 

でも、それは大きな間違いなんです。

 

涙やけの主な原因は、けっして手入れ不足というものではなく、あなたの家の子の体質や、排泄・食事環境が大きく関係している場合が多いようです。

 

なので、涙やけの原因について、冷静に判断して、愛犬の涙やけを減らしてあげましょう!

 

 

 

愛犬の涙やけはどうして起こるのか!?

 

 

犬の涙やけとは、大量の涙が流れ、目の周囲にあふれ出し、細菌の発生などで周囲の毛が変色してできるものです。

 

 

Dr.ケアワン,値段

 

 

本来、涙はたんばく質や油分、酵素などが含まれ、眼球を乾燥から守り、目の表面に栄養を与え、鼻を湿らせるなど大切な役割を果たしています。

 

けれども、本来、涙腺 ⇒ 眼球 ⇒ 涙管 ⇒ 鼻 という経路をたどり、排出されるはずの涙が、過剰に分泌されるということが起こります。

 

こうしてできるのが涙やけです。

 

 

 

涙やけが起こりやすい犬種

Dr.ケアワン,値段

 

 

涙やけにかかりやすい犬の種類としては、目が大きくて鼻が短い小型犬、つまり、パグ、チワワ、トイプードル、ポメラニアン、テリアなどがこれにあたります。

 

 

 

涙やけが起こる5つの主な原因

 

人間のように感情で涙を流す動物ではない犬の場合、過剰に涙が出る原因があり、下記の5つがその代表例と言われています。

 

 

1・目にゴミや毛が入った場合
2・(涙腺、涙管など)体の器官にトラブルがある場合
3・花粉症&食物アレルギーなど、体質的に問題を抱えている場合
4・排泄(おしっこ)環境にトラブルがある場合
5・食物が合わず、涙腺を詰まらせている場合

 

 

 

目にゴミや毛が入った場合

 

目にゴミが入ると、大量の涙が出るというのは人間にもあることです。

 

ゴミが入ったようであれば、これを取り除いてあげましょう。

 

もし、目の周囲の毛やマツゲが入っている場合には、トリミングの際に工夫してあげるとよいでしょう。

 

 

 

体の器官にトラブルがある場合

 

子犬の時から涙の量が非常に多いという場合には、生まれつき涙管などにトラブルを抱えていることが考えられます。

 

このような場合には、まずは獣医さんに相談してみましょう。

 

この場合には、薬物治療や外科的処方が必要になるケースもあります。

 

 

 

アレルギーなど、体質的に問題を抱えている場合

 

たとえば、人間の花粉症のように決まった季節に症状が出る場合、ハウスダストのように決まった場所で症状が出る場合には、アレルギーの可能性があります。

 

検査には多額の費用を要しますが、心配であれば一度獣医さんに相談してみましょう。

 

 

 

排泄(おしっこ)環境にトラブルがある場合

 

犬の場合、起床直後のおしっこは若干黄色いですが、日中のおしっこは透明に近いものが多いです。

 

もし、日中でも濃い黄色のおしっこが出ている場合には、水分が足りていない可能性があります。

 

特に暑い夏など、1日に摂取する水分は多くなりますが、あまり水を飲んでくれないこの場合、体の中に含まれる老廃物がおしっこと一緒に排出されず、目や鼻などの管を通して滲み出してくるために涙管が詰まってしまうことがあります。

 

 

 

食物が合わず、涙腺を詰まらせている場合

 

特に市販のフードを与えている場合、フードに何らかの添加物が含まれていることが少なくありません。

 

この添加物が愛犬の体質に合わない場合には、涙管を詰まらせる原因になることがあります。

 

人間と異なり、体の小さいワンちゃんの場合には少量の添加物でも影響が出ることがあるので、気になるようなら、ドッグフードやおやつを変えてみるというのも有効な対策の一つといえるでしょう。