Dr.ケアワンは、アマゾンや楽天で購入できるの!?

 

 

Dr.ケアワン

 

 

Dr.ケアワンは、涙やけ改善するため、動物栄養学博士、ペット栄養管理士などの専門家の監修の下で開発された国産・無添加のドッグフードです。

 

 

30日間返金保証付キャンペーン実施中!

 

⇒ キャンペーンの詳細を確認する!(公式サイト)

 

 

 

 

 

ここでは、そんなDr.ケアワンは、アマゾンや楽天で購入できるのか調べてみました。

 

まず、アマゾンを調べてみました。

 

 

 

2018年7月20日現在の結果になりますが、

 

 

少し見づらいですが、下図のとおり、アマゾンでは1件も該当するものがありませんでした。

 

Dr.ケアワン

 

 

 

次に、楽天でも調べてみましたが、こちらも1件も該当がありませんでした。

 

Dr.ケアワン

 

 

もちろん、今後取り扱われる可能性はあり得ますが、少なくとも2018年7月20日時点では、アマゾンや楽天では購入することができません

 

 

 

でも、大丈夫です。

 

実は、公式サイトが一番安く購入できて、しかも30日間の返金保証までついているんです。

 

 

 

その他にも、公式サイトで購入した人だけの特典として、

 

・愛犬の免疫力を高める方法
・ウンチでわかるチェックシート

 

Dr.ケアワン

 

 

 

そして、専門のアドバイザーによる24時間メールサポートもあるんです。

 

Dr.ケアワン

 

 

 

これらの特典を考えると、やはり公式サイトで購入した方が、おとくですよね!?

 

 

フードを変えるとなかなか食べてくれない子もいるので、まずは、30日間の返金保証がついた定期コースで試してみるのがいいと思いますよ!

 

⇒『Dr.ケアワン』公式サイトで詳細を見てみる!

 

 

 

 

 

Dr.ケアワンの成分(原材料)について

 

愛犬にあげるものだから、その成分(原材料)が気になりますよね!

 

そこで、Dr.ケアワンの成分(原材料)を調べてみました。

 

 

 

・鶏肉

 

低カロリーで高たんぱく、必須アミノ酸のバランスが良いの食物として知られる鶏肉。鹿児島産の若鶏肉が使用されています。

 

 

・玄米

 

血糖値が上がりにくく、ビタミンEや食物繊維が豊富な食材として知られる玄米。福岡産の無農薬玄米が使用されています。

 

 

・黒米・赤米

 

ポリフェノールやアントシアニンが含まれた玄米の一種。福岡産、香川産のものが使用されています。

 

 

・大麦

 

水に溶ける食物繊維といわれるβ-グルカンが豊富に含まれる食材。熊本産の無農薬大麦が使用されています。

 

 

・むらさき芋

 

抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含まれる栄養満点の炭水化物。宮崎産のものが使用されています。

 

 

・グルコサミン・コンドロイチン

 

関節のケアに必要なことで広く知られる機能性成分。人間のサプリにも使用されている高品質なものが使用されています。

 

 

 

Dr.ケアワンの上手な与え方

 

ここでは、Dr.ケアワンの与え方について説明していきます。

 

1日の食事での目安

1日当たりの食事での分量の目安は以下の通りです。

 

 

成犬の場合
体重 1日あたりの分量の目安
1〜3キロ 31グラム〜84グラム
4〜6キロ 88グラム〜141グラム
7〜9キ 134グラム〜191グラム
10〜15キロ 175グラム〜280グラム
16〜20キロ 249グラム〜348グラム

 

シニア(高齢)犬の場合
体重 1日あたりの分量の目安
1〜3キロ 26グラム〜61グラム
4〜6キロ 76グラム〜103グラム
7〜9キロ 116グラム〜140グラム
10〜15キロ 151グラム〜205グラム
16〜20キロ 215グラム〜254グラム

 

 

 

フードの切り替えの目安

経過日 従来のドッグフードの量 Dr.ケアワンの量
1〜2日目 75% 25%
3〜5日目 50% 50%
6〜8日目 25% 75%
9日目〜 0% 100%

 

 

 

食べてくれないときの工夫あれこれ

 

1・ぬるま湯でふやかす

 

⇒ 食欲がない場合、噛む力が弱くなったろうけんの場合、適量のぬるま湯や水でふやかしてから食べさせてみてください。

 

※ この場合、歯に付着しやすくなるので、定期的に歯磨きをしてあげてください。

 

 

 

2・トッピングを加える

 

⇒手作りのフードや生肉、野菜など、ワンちゃんが好んで食べるトッピングを加え、混ぜてあげてみてください。

 

 

 

3・人肌の温度に温める

 

⇒ドッグフードは温めると、香りが増加しますので、匂いが増すことによって、ワンちゃんの食欲が刺激され、食べてくれることがあります。

 

電子レンジなどで、人肌くらいに温めてからワンちゃんにあげると、食べてくれることもあります。

 

※、温めすぎるとやけどをすることがありますので、注意して下さい。

 

 

 

★Dr.ケアワンの口コミ評価は!?

 

「Dr.ケアワン」は、動物栄養学博士が監修した国産、無添加のドッグフードです。

 

ただ、たとえ体に良かったとしても、「うちの子が食べてくれるのか心配!」という人も多いですよね!?

 

 

そこで、口コミ評価を調べてみました。

 

 

 

●ウンチの片づけがすごく楽になりました!(パグ10歳)

 

最初、そのまま与えてみたのですが、咥えては吐き出すしぐさを繰り返していました。

 

老犬なので食べにくのかな?と思い、ふやかしてみたら、バクバクと食べてくれました。

 

しばらく与えていたら、緩かったウンチがころころしてきて、片付けるのがすごく楽になりました。


 

 

●あっという間に完食しました。(チワプー4歳)

 

袋を開けたとき、ドッグフード独特の匂いがなかったのに驚きました。穀物のような良い香りがします。

 

また、それなり硬さもあって、コリコリと噛みながら、あっという間に完食しました。


 

 

●無添加なので、安心してあげられます。(ポメラニアン)

 

最初は、いつも食べているフードと一緒にあげました。

 

うちの子は、そのままあげると、あまり食べないので、お湯でふやかしてあげているのですが、Dr.ケアワンは、お湯でふやかすとカツオのいい香りがします。

 

うちこの子、カツオの香りが好きなようで、食いつきもよく、最初から完食してくれました。

 

栄養もあって無添加なので、安心してあげられます。


 

 

 

悪い評価も探してみたのですが、今のところ、見当たりませんでした。

 

ただ、どんなに口コミ評価がよかったとしても、あなたの家の子が食べてくれるとは限りませんよね!?

 

 

 

せっかく30日間の返金保証キャンペーン中なのだから、これを試さないことはありませんよね!?

 

 

だって、100人の口コミ評価よりも、あなたの家のワンちゃんに1度食べさせた方が、間違いなく正確な評価が得られますから!

 

 

もし、あなたがDr.ケアワンに興味を持っているなら、30日間の返金保証がついているこの時期に一度、申し込んでみるのがいいと思いますよ!

 

 

⇒30日間返金保証付き定期コース(公式サイト)

 

 

 

犬の涙やけはどうしてできるのか!?

 

愛犬の涙やけ、なぜ起こるのでしょう!?

 

これは、文字どおりなのですが、大量の涙が出て、目の周辺の毛に涙が染み出したことで起こるものです。

 

そして、涙が大量に出る原因は、いくつもあるのですが、主な原因とされるのが「涙炎症」という病気だとされています。

 

本来、涙は、涙腺から出て瞳を流れ、涙管から鼻へと排出されていきます。

 

ところが、涙が過剰に分泌されたり、涙管が詰まったりしてうまく涙が排出されないことによって、涙を流し続けることで、涙やけが起こります。

 

 

 

●涙やけになりやすい犬種

 

涙やけになりやすい犬種としては、パグやチワワ、トイプードル、ポメラニアンなど、目が大きくて鼻が短い小型犬に多いと言われています。

 

 

●涙やけが発生する主な原因

 

犬の涙やけが発生する主な原因は以下の5つと言われています。

 

1・花粉症やアレルギーなどの体質的な原因
2・食物が合わず、涙腺が詰まっている場合
3・排泄環境の問題による場合
4・目にゴミや体毛が入った場合
5・涙腺や涙管などの器官にトラブルがある場合

 

 

 

1・花粉症やアレルギーなどの体質的な原因

ワンちゃんも人間と同様にアレルギーを持つ子がいます。
そこで、決まった季節に涙が出る場合には、花粉症の可能性があり、発疹が出たり、痒そうにしている場合には、食物アレルギーの可能性があります。

 

対策…アレルギー検査には多額の費用が掛かりますが、気になるようでしたら獣医さんに相談してみることをお勧めします。

 

 

2・食べ物が体に合わず、涙腺が詰まっている場合

特にドライフードなどに多いのですが、ドッグフードやおやつには、保存料などの添加物が含まれているケースが少なくありません。この添加物が体質に合わない場合、涙管がつまり、涙があふれ出すということがあります。

 

特に小型犬の場合には、人間でいうと、生後間もない赤ちゃんと同じくらいの体重ですので、少量の添加物でも影響が出るということがあり得ます。

 

対策…この場合はフードを変えてみるのが有効な対策といえます。手作りのフードに変えてみるとか、添加物の含まれていないフードにしてみたら、症状が軽くなったという声もかなりあります。

 

 

3・排泄環境の問題による場合

ワンちゃんの場合、起床直後のオシッコは少し色が濃くなりますが、日中、いつでも色の濃いオシッコをしている場合には、水分が足りてないことを疑ってみましょう。

 

人間もそうですが、体内にある老廃物は、尿や汗、涙などの水分を通して体外に排出されます。

 

ところが、水分が足りない場合、排出される水分の量が減り、老廃物の濃度が増加するため、涙管などの細い管が、これによって詰まってしまうことがあるためです。

 

対策…ワンちゃんが1日に必要な水分摂取量は体重の5〜7%と言われていますので、体重が1キロならば、50グラム〜70グラムが1日に必要な水分摂取量です。もし、自分で水を飲んでくれない場合には、フードを水やぬるま湯でふやかして食べさせるようにして、水分を調整してください。

 

 

4・目にゴミや体毛が入った場合

人間もそうですが、目にゴミが入ると、涙が分泌されて洗い流そうとします。
その結果、涙が大量に分泌されることによって生じるものです。

 

対策…ゴミが入っているようであれば、取り除いてあげれば解決します。
もし、ワンちゃんの体毛が頻繁に目に入る場合には、トリミングの際に工夫してあげましょう。

 

 

5・涙腺や涙管などの器官にトラブルがある場合

子犬の時から、ずっと涙の量がかなり多いという場合には、生まれつき鼻涙管にトラブルを抱えているという場合もあります。

 

対策…この場合には、程度によって投薬や外科的処方が必要となってきますので、まずは獣医さんに相談してみましょう。